エビネ

地植えのエビネ【海老根・蝦根】が花開きました。
例年と比して半月ほど早い開花となっています。
お気に入りの花の一つです。

地下茎はバルブが連なっていて、エビの背のように見えることから、エビネの名があるとか…。

香道で用いる札の銘にも、えびね【他偸】があります。
珍しい漢字ですが、エビネの別名の一つに他偸草(たゆそう)があるようです。

札銘[春之部]です。

紅梅(こうばい)、緑柳(あおやぎ)、山桜(さくら)、紫蕨(さわらび)、菫菜(すみれ)、連翹(れんぎょう)、海棠(かいどう)、碧桃(もも)、辛夷(こぶし)、梨花(なし)、木蓮(もくれん)、瑞香(じんちょうげ)、他偸(えびね)、棣棠(やまぶき)、枸杞(くこ)、躑躅(つつじ)、郁李(にわうめ)、白藤(ふじ)、茼蒿(しゅんぎく)、玫瑰(はまなす)、五形(げんげ)、薊花(あざみ)、春蘭(しゅんらん)、岸柳(きしやなぎ)、貝母(ばいも)、楊柳(ようりゅう)、玉柳(たまやなぎ)、華櫻(はなざくら)、樺桜(かばざくら)、軒梅(のきのうめ)、山藤(やまふじ)

瑞香(じんちょうげ)や棣棠(やまぶき)などなど、漢名で表されている植物もいくつかあります。(^^)